身体も心もバランス良く健やかに過ごせる事こそ健康

医療法人のメリット・デメリット

クリニックをやっている医師が悩む問題として「クリニックの医療法人化」があげられると思います。
医療法人として登録するようになると税金対策にもなりますし、後継者へクリニックを引く継ぐ際にも手続きが簡単に済みます。老人ホームや分院を設立し、経営を多角化することも可能です。
お困りの点がある場合は医療法人 税理士ご一報を!
逆に医療法人にしてしまうと、社会保険の加入が義務付けられたり、行政からの規制が厳しくなることもあります。そして法人から個人事業に戻すことも大変な手間を必要とします。
お急ぎの場合は医療法人にお伝え下さい。
クリニックの医療法人化には、とても難しい手続きが必要です。記入する書類もたくさんありますし、書類を提出する先もさまざま。万が一不備があると、その後の経営に支障を来たしますので、とても大変です。ですから専門家にお願いして、医療法人化することが無難でしょう。
クリニックを医療法人にするかどうか、この判断はとても難しいと思います。
そのクリニックの在り方を考え、その先の未来まで見通した上で考えるべき問題でしょう。
急ぎのときは医療法人にて補助します。