婦人科は怖いと思っていたけれど

婦人科は怖いと思っていたけれど

私が初めて婦人科にかかったのは20代半ばで、周りの人達と比べると遅いほうでした。友人たちはみな、不調があったり妊娠したり婦人科検診だったりで、一度くらいは婦人科に行ったことがあるようでしたが私はそういった機会が全くなかったのです。というより、少しくらい不調を感じることはあったのですが、婦人科はよくわからない怖いところというイメージがあってどうも足を運ぶ気になれませんでした。
女性特有の悩みに関しての情報はカンジダをご覧ください。
しかしどうにも体調が悪くなったとき、まさに仕方なくという感じで婦人科に行くことになったのです。どんなふうに診察をされるのだろうか、痛いのだろうか、恥ずかしくてつらくないだろうか、などと考えて、待合室にいる間ずっと不安でいっぱいでした。
高給与治験コーディネーター
いよいよ診察室に呼ばれ、先生に症状を話しました。その先生はしっかり話を聞いて下さる方だったので不安は和らぎ、あまり抵抗なく診察台に上がることができました。
「婦人科は一度行ってみれば怖くなくなるよ」とよく言われたものですが、それを実感しました。親切な先生だと本当に安心できますね。
土日祝お休み介護職員初任者研修通信を参考にしてください。